脱毛体験

私は小さな頃から顔に生えている産毛が嫌で嫌で仕方ありませんでした。小学生の頃にお母さんが使っていたカミソリを見よう見まねで使ってみたことがありますが、顔中に傷が出来てしまい、お母さんに怒られました。その後中学に入ってからは、傷を付けないように自分で剃っていましたが、思春期ニキビに悩まされ、思うように処理が出来ずにイライラしていたのを覚えています。

私は特に顔の産毛に対して抵抗が強いのかも知れませんが、本当に嫌で仕方ありませんでした。高校に入ってからもニキビが良くならず、ニキビを治す事に専念したくても、友人はメイクを始めるし、私みたいにニキビや産毛に悩んでいるのは、自分だけのような気がして辛かったです。社会人になってからようやく脱毛に通える準備が整い、カウンセリングを受けてみたところ、酷いニキビ跡も無いし、問題なく脱毛が出来ると言われてひと安心。光脱毛は時間が掛かるので、レーザー脱毛を受けたのですが、初回は慣れていないせいもあり、結構痛かったですね。でも産毛が無くなる事を考えたら、耐えられました。今は産毛も無くなり、鏡を見る度に、自己処理をしなくて良い幸せを味わっています。

顔のレーザー脱毛はリスクが高い

上記の方は特にトラブルも無く脱毛が完了したようですが、本来であれば顔の脱毛はとてもリスクが高いと言われています。それもそのはず。目の周辺にレーザーの光を照射する訳ですから、リスクがあるのは当然ですよね。万が一不馴れな医師だったりすれば、目に影響が出ていたかも知れません。

顔の脱毛をする際は、必ずこれまでの実績や口コミを調べてください。レーザーの場合は特に出力も強いので、取り返しのつかない事になったら大変です。もちろん熟練の医師であれば心配も少なくて済みますが、やはり万が一を考えたら、口コミを頼りにするのが一番かも知れませんね。またレーザー脱毛はお金の面でも光脱毛より高くなるので、この部分についても、あまりにも経済的な負担を与えるようであれば、光脱毛で良いと思います。脱毛のためにお金を使い、私生活では食事も洋服も疎か。なんて事になっては本末転倒ですから、レーザー脱毛でいくらの費用が必要になるのかをしっかりと計算した上で施術を受けるようにしましょう。それと、レーザー脱毛は痛みも比較的強いので、この方のように強い決意が無いと、途中で通うのが嫌になってしまうかも知れません。